HOME>クチコミ>さりげないアプローチが大切~社内恋愛を成就させる秘訣~

さりげないアプローチが大切~社内恋愛を成就させる秘訣~

赤い糸

社内で気になる相手がいる場合、積極的にアプローチして気づいてもらうようにすると良いでしょう。しかし、今まであまり接点がないという場合、アプローチ方法がわからないという方もいるので体験者の声を参考に実践してみると良いです。

みんなの口コミ

積極的に話しかけて存在をアピールしました

同じ店で勤務することになった年下の女性がタイプだったので、何とかして社内恋愛をしたかったです。しかし、容姿に自信があるわけではありませんし、30代と若いわけでもなかったので、魅力をアピールすることに難しさを感じていました。そんな自分にできることは存在を知ってもらい、意識させることだけだったので、積極的に話すようにしました。仕事内容が違うので頻繁に話す機会はなかったですが、出退勤時の挨拶や昼食時など時間に余裕がある時にアプローチをしていました。すると、女性も気を許してくれるようになり、デートを重ねて彼氏彼女の関係になりました。積極的に話しかける方法は効果的ですが、しつこくならないようにさりげない様子を重視しました。
(30代/男性)

口に出せないので目線でアプローチ

挨拶程度しか接触したことがない職場の男性がとても気になっていました。仕事振りは真面目でしたし、誰に対しても誠実な姿勢が魅力的でした。しかし、恋愛経験が少ない20代女子だったので、こういうケースではどうやってアプローチをすれば良いのかわからず、困っていました。できればもっと積極的に話しかけたいところですが、挨拶程度しか接触がない状況でいきなり濃いコミュニケーションを行うのは難しいです。そこで閃いたのは目線でアプローチを仕掛けることです。口に出すことが難しいから目線でアプローチをするしかないと判断し、男性と目が合った瞬間に逸らすようにしたところ、男性の方から話しかけてくれることが増えました。まさか、この方法で社内恋愛が成功するとは予想していなかったです。
(20代/女性)